早稲田塾
早慶の定員数の4割一般入試以外の入試形式
決まっています。
早稲田塾調べ(各大学の2017年度公式パンフレット定員数 帰国生、留学生のみ2016年度合格者数より算出。)
AO・推薦入試は受験生の人物を総合的に評価する試験です。
AO・推薦入試は、「あなたがその大学で何を学びたいか
そして、「学んだことで、どのように社会に貢献していくのか」を問う入試。
目的意識や意欲、さらに一般的な学力試験では測れない問題発見能力などを、
じっくり時間をかけて評価する入試なのです。
もとより広く海外を見渡せば、欧米の大学ではAO・推薦入試が主流。
つまり、AO・推薦入試は、もはや特別な入試ではなく、
今後の入試のグローバルスタンダードと言えるでしょう。
AO入試
AO入試というのは、大学のAdmissions Office(=入学選考事務局)による自由応募入試です。大学が求める人物像に合致した学生かどうかを基準に、主に書類審査や面接によって合否を判定する入試方式です。この場合、志望動機や大学での研究内容を具体的に述べられるようにしておく必要があります。
AO入試のタイプ

・一次選考では書類審査が実施され、志望動機・高校での活動や実績、将来の
  学習への意欲が問われます。
   二次選考では面接試験や小論文試験、ディスカッションなどを通して、思考
  力や表現力、論理的発想力などが課されます。
・国公立大学ではセンター試験が課される場合もあり、総合的な学力も必要と
  なります。

・出願前の「エントリー」の段階で、予備審査として面接を行い、出願可否通
  知(内定)を出します。
・合格した場合、大学入学までの空白の期間を利用して「入学前教育(問題
  集・レポート提出・合宿など)」や「リメディアル教育(大学入学前や入学
  後に高校の授業内容の補習をする)」を実施する大学もあります。

推薦入試
推薦入試には主に3種類あり、そのうち「自己推薦入試」は「個人の自由意志による自由応募」である点、AO入試と実質的に変わりません。それに対して、「指定校制推薦入試」「公募制推薦入試」は、校長による推薦が必要となります。校長の推薦の有無がAO入試との大きな違いで、主に小論文や面接試験によって評価されます。
推薦入試のタイプ

・大学から高校に割り振られた「入学指定席」を得るため、高1から高3の1学
  期までの成績で、ライバル以上の評定平均を獲得する必要があります。
・校内選抜を通過した後も、面接・小論文の対策が必要です。

・大学が設定した受験資格である「評定平均」をクリアすれば、全国どの高校
  からでも出願できます
・選考では、主に書類審査と面接試験・小論文試験があります。
・国公立大学では、センター試験を課すところが多く、その場合、逆に評
  定平均は問われない大学もあります。

既に、AO・推薦入試は主要な
入試方式の一つになってきています。
一般入試との併願はあなたの
志望校合格の可能性を大きく広げます。
本当に入りたい大学があるなら、
チャレンジしてみませんか?